スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

施設利用者と施設職員のコラボによる、チャリティーコンサートに行きました!

DSC_0048.jpg
取引先事業所に誘われて、本格的なチャリティーコンサートに行ってきました。
普段、オーケストラなどを開催する、大阪の、ザ・シンフォニーフォールでの開催ということもあり、迫力満点でした。

中心となって企画しているのは、日本ロングライフさんで、この会社が運営する有料老人ホームやデイサービスをご利用の、お客様によるコーラス隊で、そのコーラス隊に施設職員が加わり、コンサートが開かれた。
正直ご利用者の方々が、その担い手として頑張る姿を見てビックリしましたし、やってやれないことは無いということを証明もでき、完成度の高さにも驚かされました。

また、関西で活躍されているという、若手のバリトン歌手である、松澤政也氏ほか2名のゲストも来られていて、楽しい時間を過ごすと同時に、心が癒されましたよ。

面白い企画ですが、うちの会社で出来るのかなあ~と考えると、実際はハードル的に難しい。
ご利用者様の”自立支援”や”セカンドライフの喜び”という意味でも、凄く良い取り組みだと思います。

スポンサーサイト

実地指導、監査指導の研修を受け、少しブルーに…(苦笑)

川西市介護保険サービス協会主催の研修でした。

現在私は協会の副会長をしているのですが、会員事業者が150を超え、ここ数年で急速に増えています。特に通所介護事業者が急増してますね。

講師の先生は、巨大病院グループに所属し、取り巻く介護事業者の全てを掌握され、こんなことをおっしゃっていました。いつ指導が入っても、大丈夫の状態にしておくことが肝心だと…
私の実感としては、90%以上の事業者は、突然来てもらっても困ると思うんですね。
監査指導を担当する、担当の方は間違ったときは、謝ればすまされるが、我々介護事業者が
間違ったときは、介護報酬の返還を求められ、何とも理不尽な構図だと…

凄く納得してしまいました(笑)

研修を受ける前と受けた後で、こんなに気持ちが変わっている研修は、久しぶりでして、焦ってはいけませんが、まずは管理者目線だけでは、出来ていない部分が放置されてしまうと、いざ実地指導があったときに、右往左往してしまうだろうと課題を突き付けられた感じでした。

自己チェックする社内システムを、これからしっかり構築し、定期的に社内チェックしていかなければ、とんでもないことになる可能性があるだけに、改めて向き合っていかなければ、ならないと気持ちが引き締められました!

縁あって、兵庫の社長TVの取材を受けることに。。。

一昨日、堅いことを考えず自然な感じで取材を受けました。

今まで色々なアプローチで取材依頼がありましたが、断ってきました。
今回なぜ取材を受けたか。。。
兵庫県内の同じ介護業界で経営者である、O社長が出演されているのを見て
安心し、日本最大級の企業メディアと表現され、取り組んでいる中身が
大変素晴らしいと直感し、弊社を世の中により知ってもらうための情報ツールとして
大変好感が持てたということで、お受けしました。

兵庫の社長TV http://j-president.net/hyogo/

何を話したらよいか、少し戸惑いもありましたが、質問者の方が話やすく導いてくれた
おかげで、不思議なくらいすらすらと話すことが出来ました。
2時間の取材もあっという間に終わり、編集後、私と私の会社が紹介されるということで
楽しみ半分、でも少し恥ずかしいと思う気持ち半分。

会社のHP上にもバナーを張る予定ですので、公開されましたら
改めてご案内したいと思います。
プロフィール

こころ・そらグループ社長

Author:こころ・そらグループ社長
グループホーム、小規模多機能、デイサービスなどの介護施設運営、福祉用具レンタル・販売、住宅改修事業などを手掛ける会社経営者です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。